新規事業企画提案
TOP>新規事業企画提案>レンタル分野

■ハイドロレンタルシステム

   現在のレンタルスタイルは植物を頻繁に交換する分コストが高くつく。この問題を解決するのが自動給水鉢による寄せ植えだ。ハイドロレンタルシステムは温室費や人件費を抑えて良い植物をリーズナブルに供給します。

●植物レンタル業の現状
   現在一般的な貸し鉢スタイルは、大鉢、中鉢、小鉢のそれぞれ単品レンタルであり、それを毎月もしくは2ヶ月に1回ほど交換する方式が通常である。また、業務としては、男性が2人トラックに乗り交換を行い、温室では植物の保管・再生のための管理も必要になってくる。植物レンタル業者も、人件費の高騰、労働条件の改善、交通渋滞による交換効率の低下などから、コストに占める植物交換費用の割合が年々増える一方である。しかしレンタル価格は、バブル崩壊以来キャンセルだけでなく低価格競争により2桁のダウンをしてしまっているのが現状であろう。そのため、コストバランスを合わせるために本来の目的である植物とサービスなどの変勤費を圧縮してしまっている。今後は毎月交換しなくてもお客様に納得してもらう方式を考えなければ対応出来なくなるだろう。
   植物を交換しなければレンタルではないというのは日本だけの考え方で、欧米ではメンテナンスが主体で、交換は植物が傷んだ時だけするのが通常。頻繁に交換する日本の方式は世界でも殆どないようだ。しかし、定着した従来の方法を崩すには、付加価値が付けられ人件費等の固定費を安く押さえられる方法を検討する必要がある。
●新しいレンタルスタイル
   昨今、バブルの崩壊以来レンタル植物のキャンセルが相次ぎ、さらに価格の維持は出来なくなってしまった。温室と男性が必要な今までの業務では固定費が高く、良い植物をリーズナブルな値段でお客様に供給することは困難になってきている。

   新しい体制として、温室が要らずワゴン車を使い、パートタイムの女性で簡単に行え、しかも寄せ植えの植物を今までの価格以下のレンタル料で設定できる方式が必要だ。このようなレンタル業の合理化だけでなく、フラワーショップでも簡単に行える植物レンタルがあってもいいのではないだろうか。これを可能にするのは、生産メーカーと一体となったハイドロカルチャーシステムの導入が不可欠です。

 

●寄せ植え用自動給水鉢の出現
   観葉植物は交配で新しい品種を作出することは殆どなく品種も昔からあまり変わっていない。目先の変わった商品をつくるには、寄せ植えにしてこれまでの単品のイメージを変えることも必要だ。品種の組み合わせ次第で何通りもの商品が構成できる。コンテナガーデン感覚で、交換しなければ環境にも馴れ、下草などの生長も楽しめる。どうしても交換しなければならない場合も、寄せ植えの中のすべての鉢を交換しなくても、中木あるいは下草のみを交換するだけでも変化が付けられ省力化にもつながる。この寄せ植えは従来から行われていたが料金が高いのが難点であった。ハイドロカルチャーの自動給水鉢は安価な寄せ植えレンタルを可能にするシステムといえる。

   給水間隔の設定により、乾電池式のエアーポンプが動き、鉢底のタンクから給水を適時に繰り返し、植物の管理を自動化したプランターが開発された。したがって、素人でも簡単に植物管理が行えるだけでなく、無機質の発泡煉石を植込材料にしたハイドロカルチャーは大変清潔でしかも軽量である。また、植物は必要な時に必要なだけ生産農場から送られ、温室を持たなくてもレンタルを行える。商品自体のコストは従来型よりかかるが、それもリースにすれば初期投資はいらない。ランニングコストが低いため、付加価値が付いたこれら商品も安価に行える。自動給水鉢はこのような小型のプランターだけではなく高木植栽用の直径1.2mの大型プランターもある。

 

●アウトドアコンテナガーデンのレンタル
   レンタル業界はインドアグリーンと呼ばれる室内植物のレンタルを主流にしているが、洋風ガーデンの普及に伴い、玄関、壁面、ベランダ、屋上など室外でのコンテナガーデンのレンタルを、企業、ホテル、レストラン、各種施設へ提案すべきだろう。 ここで問題になるのは、人件費のかかる水管理だ。

   一般にコンテナガーデンは一つの鉢の中に数種の植物を植え込むため、土の量に対して植物ボリュームが大きくなり、必要水分量も必然的に多くなる。また、室外に置くための水分蒸発も盛んになる。これらの理由から、水管理はインドアグリーンよりも頻繁になることは明らかである。この問題をクリアしなければ人件費がかかり過ぎ、レンタル料金が高くなり、普及につながらなくなってしまうだろう。

 

●土植物とハイドロをドッキングしたプランター
   ハイドロカルチャーの先進国ドイツでは、植物とハイドロをドッキングしたテラポニックシステムというプランターが普及している。

   底面に水タンクを備えたプランターで、底面給水方式であるため水管理が大変容易で、給水間隔が長くて済む。プランターの約三分の一がタンク部になるが、一般に土植物の根部を水に浸けて管理をすると、土は有機質であるため腐ってしまう。これを防ぐため、水の溜まる部分にはテラトンが使用されている。

   テラトンとは、ハイドロカルチャーの植え込み材料であるレカトン(発泡煉石)を砕き、保水力と給水力を高めたものである。無機質であるテラトンは水を溜めることもでき、適度な水分と空気を保持しているため、植物の根に理想的な水分と栄養分と空気を与えることができる。

   タンク部の上の土には直接水が浸からないようにしなければならないが、雨の当たらない所では水位計を使い、雨の当たる場所ではオーバーフローの穴が開いており、必要以上の水は自動的に排水されるようになっている。

   このようなシステムにより大幅に水管理労力の軽減ができるという訳だ。プランターの種類も円形、長方形、四分の一円形など各種あり、用途も置き鉢タイプから壁掛けタイプまで揃っている。これからはハイドロと土植物をうまく組み合わせたこのようなアイデアが、ハイドロカルチャーの新しい流れを担っていきます。