製品案内
TOP>製品案内>テラポニックシステム>ハイドロレボリューション

■ハイドロカルチャーを家庭で楽しむ

 

 一戸あたりの面積が狭い日本の家庭では、広い庭で思い切り園芸を楽しむのは難しい。かといって、室内に土を持ち込むのには抵抗がある。

 このような問題を一気に解決できるのが、ハイドロカルチャー。
 これからの家庭内園芸に不可欠な要素となっていくだろう。


● 家庭内インドア園芸の可能性

 昨今、ハンギングバスケットやコンテナガーデンが普及し寄せ植えを作り、育てて楽しむ人が増えてきている。その影響で、花苗の需要も著しく伸びている。また、イングリッシュガーデンのような洋風ガーデンも人気が高い。このように、現在人々の間でアウトドア園芸は大変なブームとなっている。
 しかし、都市圏では庭があっても猫の額ほどの広さしかなく、陽のあたるところも少ないというのが実情だ。土いじりをしたくても、マンションのベランダでは限界がある。このような都会の消費者に、家の中でもコンテナガーデンを楽しめるような提案をしてみたらどうだろうか。

 家庭室内における日本人の清潔好きは世界一ではないだろうか。欧米ではほとんどが土足入室で、土が落ちていても気にならない。一方日本人は、部屋にホコリが落ちているだけでも気なってしまう。ましてや室内で土いじりをし、それを食卓に飾ろうとはまず思わないだろう。その点ハイドロカルチャーは、土の代わりに無機質の発泡煉石を使うので清潔であり、食卓に飾っても気にならない。切り花感覚で気軽に寄せ植えを楽しむこともできる。また、水を溜められるので器を選ばず、穴のあいていない身近な陶器やガラス等にも植えられるため、器と植物の組み合わせも楽しめる。清潔であることから置き場所も選ばず、食卓、キッチン、バス、サニタリーと、さまざまなところに提案ができる。


 最近アウトドア園芸のブームで、影をひそめているインドア園芸ではあるが、家庭での生活時間が長い室内こそ、これから伸びる分野だと確信している。
 そのカギを握るのがハイドロカルチャーであることは、間違いない。

● 当店販売での効果的な普及活動

 ハイドロカルチャー商品を当店販売する場合、花苗のように普及浸透している商品ではないので、お客様に使い方や楽しみ方ができるだけ伝わるような陳列を工夫したい。できれば植物と関連資材は一緒に、一つのコーナー内に並べた方がよい。植物は外容器とセットにしたものだけではなく、内鉢植物を品種・サイズ・数とも豊富に揃え、器も各種さまざまなものを用意し、お客様が器と植物の組み合わせを自由に選べるようにする。オアシスなどに挿した苗も寄せ植え素材として花苗感覚で販売し、テラリウムやガラスの容器などを用いてカラーサンドによる演出を行ったり、陶器製の動物などと合わせて飾ってもおもしろい。新しいオリジナルのアイデアが次々と生まれるのも、ハイドロカルチャーならではと言えるのではないだろうか。
 ヨーロッパでもこの手法で着実に普及されてきたのだ。また、ハイドロ教室なども開いて、さまざまなテーマでの楽しみ方を紹介したい。

 接客によってお客様とコミュニケーションを持つ展開こそ、園芸店で行う必要があるのではないだろうか。

● 生産・流通・販売のネットワークを

 現在、ハイドロ植物は土植物に比べ高価で品種も少ない。それは、まだ一般に普及していないため、生産者が少ないからだ。普及さえすれば品種も増え、価格も安くなってくる。 関連資材にしても同じことがいえる。需給のバランスを合わせる上でも、今後ハイドロカルチャー分野を伸ばすには、生産から販売までがしっかりしたパイプで連携されることが不可欠であろう。最近では、ハイドロカルチャーは観葉植物だけでなく、デンファレ、ミニシクラメン、カランコエ、ミニカーネーション、ミニバラ、プリムラ類などの鉢花から、サボテンまで栽培されるようになった。

 今後のハイドロカルチャーの普及に期待したい。

次のページへ

>>レンタルについて詳しくはこちら